イントラレーシック

イントラレーシックについて

イントラレーシックという言葉をご存知ですか。
イントラレーシックとは、レーシックの発展・進化版です。
レーシック手術の種類の一つになります。

視力を回復させる方法として、PPK→レーシック→イントラレーシックと発展・進化してきました。
最近は、イントラレーシックが主流になりつつあります。

では、通常のレーシックとは、どう違うのかと思われるでしょう。

一番違う点は、マイクロケラトームという超小型医療用カンナが、イントラレースというレーザーに変わっている点です。従来、加工する角膜の上面にマイクロケラトームでフラップというフタを作ります。それが更に高精度のイントラレースを使用する事によって、手術適用範囲、高回復率、合併・後遺症の発生率低下など、レベルをあげようとするものです。

メリット・実績にもこの術式の効果が現れていて、手術後の合併・後遺症の発生率低下、手術後の視力回復進度・精度の向上、適応外だった角膜の薄い方への手術が可能になりました。

このイントラレーシックのメリットに注目が集まり、最近ではこの術式を採用する病院・クリニックが増加してきました。

近年、パソコンやテレビ・モニターを多用する社会になり、近視や視力の弱まる方が増えてきています。現代病と言っても過言ではないでしょう。今後、更に需要が増加する手術です。

余談になりますが、アメリカの空軍パイロットでは、通常のレーシックによる視力矯正は認められていませんが、イントラレーシックに限っては許可が出るほど安全性の高さと、確かな効果が実証されています。

名古屋でレーシックを受けるなら
レーシックを受けるならやっぱり安心できる大手が安心!そんな考えに落とし穴が!?
http://www.fuziwara.com/